セイコー人気の腕時計「プレザージュ」のおすすめランキング

王道イメージ 富士山  メンズ

こだわりのプレザージュを楽しむ!

個性豊かなデザインと定評のあるメカニカルムーブメントで人気の「プレザージュ」を、あなたも楽しんでみませんか!?

GPSや電波時計・Bluetoothなど、時刻修正を自動で行う腕時計に少し飽きてきた大人の人にぜひ楽しんでいただきたいシリーズです。

日本のモノ造り精神が生きている魅力的なモデルばかりで、デザインだけでなく仕上げや質感にも大満足です。

また、手の届きやすい価格なのも嬉しい。

今回は、

私が選んだ【おすすめランキング】をご紹介!

おすすめのプレザージュはコレ!

今回の「おすすめランキング」は価格や人気、売り上げなどではなく私の好みで選んでみました。

プレザージュらしさや上質感に溢れたモデルをご紹介します。

*売上数のランキングではありません。

:No.1「SARW025」

セイコー SARW025

こだわり  国産初腕時計の現代アレンジ
ムーブメント  6R27
サイズ  47.8×40.5×13.1mm

Amazonで詳細や価格を見る

楽天市場で詳細や価格を見る

このモデルが似合う大人になりたい!

国産初の腕時計「ローレル」を現代的にアレンジしたモデルで12時の赤がとても印象的。

アラビア数字のフォントも心地よく、布地のような立体模様の文字盤と青い針がクラシカルで雰囲気満点の仕上がりです。

プレザージュでは定番のアシンメトリーのデザインも好印象。そして、大きめのリューズで操作しやすく時刻合わせをしているだけでも楽しい。

セイコー SARW025 イメージ ベルト出典「SEIKO

また、シックな肉厚の革ベルトもとても上品。Dバックルが採用されているのでベルトも傷まず着けはずしもラクなのも◎

このモデルをひと言で表すと、

「とにかく塩梅がいい。」

やりすぎでもなくシンプルすぎでもない、ローレルという素材に少しのこだわりと、少しの上質感を足した感じがとても素敵。

スーツに合わせてこなれた雰囲気を出すのもいいし、ジーンズにオックスフォードシャツを着てさり気なく着けるのもおしゃれ。

とても気分の上がる1本です。

ローレル(国産初の腕時計)1913(大正2)年
SEIKO ローレル出典「THE SEIKO MUSEUM

ちなみにこれが国産初の腕時計「ローレル」。

100年以上前にこのデザインの腕時計が販売されていたなんて信じられません。

No.2「SARX057」

セイコー SARX057

こだわり  無反射塗装の黒文字盤
ムーブメント  6R15
サイズ  46.3×40.8×11mm

Amazonで詳細や価格を見る

楽天市場で詳細や価格を見る

この文字盤の清楚な黒に心奪われる。

セイコーらしいケースデザインに光沢感のない黒文字盤が合わされ、とても凛とした雰囲気。

余計な装飾やアクセントを付けずに直球勝負のデザイン。しかし、サイドから見たときにベゼルやケースラインがとても伸びやかで綺麗なことに気がついてハッとします。

ブレスデザインも柔らかな外駒とエッジ感がある中駒が調和していてとても上品。

価格は10万円を超えていますがそれ以上の満足感があると思います。このプレザージュを着けるだけで普段のスーツ姿に上質感がプラスされること間違いなし!

仕事を成し遂げた自分へのご褒美にもおすすめ。

このモデルを大げさに言うと、

GSのロゴが気に入らない人にはこのモデルを勧めたいくらいの逸品。

またザラツ研磨されたケースは上質で軽量、着けごこちも◎

ただし、

個人的には軽い時計が好みではないのでNo.2にしました。

ステンレスケースのモデルも希望。

No.3「SARY075」

セイコー SARY075

こだわり  カクテルをイメージした色
ムーブメント  4R35
サイズ  47.5×40.5×11.8mm

Amazonで詳細や価格を見る

楽天市場で詳細や価格を見る

「腕時計を楽しむ」ことって、この感じ。

プレザージュのプレステージラインも良いのですが、ベーシックラインの華やかで個性的なデザインも”らしく”て好感がもてます。

ほどよい上質感と着けて楽しいデザインの絶妙なバランスがとてもイイ。

このモデルの文字盤は写真で見るよりシルバーよりの発色でとても上品です。革ベルトの質感はカーフなのでほどほどですが、気に入らなければ自分好みの市販品と交換するのもいいと思います。

クラシカルなのですがハリがあるデザインなのでスーツにもぴったりで、スーツ姿にアクセントを入れたいという人におすすめ。

また、ざっくりとしたニットなどにもぴったりなので、秋から春にかけておしゃれが楽しくなるのではないでしょうか。

ーーこのモデルについて

このモデルは生産完了となった「SARBO65」の後継モデルで、デザインは同じなのですがムーブメントが6R15から4R35になり価格が1万円ほど抑えられています。

ムーブメントのグレードダウンは残念なのですが、デザインの良さは変わることがなく、手軽にプレザージュを楽しめることが出来るようになったと考えれば納得です。

たしかに、このデザインを楽しみたい人にはムーブメントの精度はそこまで重要では無いかもしれません。私も4Rムーブの時計を愛用していますが精度もなかなかよく不満はありません。

最後に

ファッション 上質 イメージ

プレザージュはどのモデルもデザインが良く、さらにバリエーションも多数あるので悩んでしまいますよね。

悩むのも時計選びの楽しさの一つだと思いますが、お気に入りの時計に合わせたおしゃれを考えている時の方がもっと楽しいと思います。

ぜひ、あなたのお気に入りの1本を手に入れてください。

この記事でご紹介した時計はこちら

タイトルとURLをコピーしました