おしゃれなアクセ感覚で楽しむ「デジタルツナ缶」がイイ!

トリッキー イメージ メンズ

テンション上がるツナ缶!!

まず最初に「ツナ缶って何?」って人がほとんどだと思います。

簡単に説明するとセイコーのダイバーズウォッチの愛称(ニックネーム)なのですが、見た目がツナ缶に似ていることから呼ばれるようになりました。*詳しくは後ほど解説します。

今回は、

そのダイバーズウォッチで人気の「ツナ缶」をイメージした、LOWERCASE プロデュースのフィールドウォッチをご紹介します。

私も「ツナ缶」が大好きなので、ちょっと興味アリです!

デジタルのツナ缶!「SBEP003」

セイコー SBEP003出典「SEIKO

【セイコー:SBEP003】

タイプ  ソーラー時計
ケース素材  プラスチック(ベゼル:アルミ)
サイズ  49.89×49.52×14.14mm
重さ  80g

>>楽天市場で詳細や価格を見てみる

着けるだけでテンション上がりそう!!

はじめて見た時はピンとこなかったのですが、「アクセ感覚で楽しめそう!」って最近になって気になりだしました。

デジタル時計に回転ベゼルが付いているトリッキーなデザインも面白く、着けるだけで楽しくなりそうです。

とくに目立つ赤/青カラーのベゼルがイイ!

いろいろ時計を持っている人も、ラフなファッションにぴったりなので夏の時計としても◎

ビジネス向けのデザインではありませんが、クールビズなどで着ければ印象がガラッと変わって注目されそう。

アクセ感覚のツナ缶もアリですね!

ーーここが良い

  • トリッキーなデザインと大きさ
  • ケース素材がプラスチック製で軽く着け心地も良さそう
  • ガラスをタップするとライトが点く機能

デジタル時計に回転ベゼルが付いていたり、約5cmというサイズ感が良いアクセントになっています。やはり外胴プロテクターは個性があって良いデザイン。

また、軽いので着け心地も良さそう。ガラスをタップするとライトが点く機能も楽しい!

ーーここが気になる

  • 遊び心で買うにはやや高めな価格
  • 他のモデルが地味目なのが残念

休日だけ着けたいという人にはやや高く感じる価格かも…?

ブラック×ゴールドのSBEP005なんですが、ボタンだけでなくベゼルもゴールドにして欲しかった!もっとラグジュアリー感があってもよかったと思い残念です。

セイコー デジタルツナ缶 イメージ 

・SBEP001(ブラック×シルバー)→楽天市場で詳細や価格を見てみる
・SBEP005(ブラック×ゴールド)→楽天市場で詳細や価格を見てみる

本家の「ツナ缶」はコレ

「ツナ缶」とはセイコーのあるダイバーズウォッチの愛称(ニックネーム)なのですが、時計本体の丸くズドンとした形が缶詰に似ていることから海外ファンが「ツナ缶」と呼び始めました。

こんな真ん丸のダイバーズウォッチです。

セイコー ツナ缶 SBBN017

最大の特徴は時計本体が”外胴プロテクター”という丸い保護リングで守られていることです。

セイコー ツナ缶 横から

*外胴プロテクターはネジ留めになっていて、時計本体とは別のパーツになっています。

*写真のツナ缶は筆者の私物です「SBBN017:販売終了モデル」

最後に

ドキドキ 飛び出すイメージ
はじめて見た時はピンとこなかったこのモデルですが、大人の休日にぴったりだなと最近気になっています。

着けるだけでスゴク楽しそう!

時計好きの人にも「ハズシの時計」としてもいいかも!?

クールビズで注目されること間違いなしです。

この記事でご紹介した時計はこちら

タイトルとURLをコピーしました