腕時計選びは重さに注意しないとダメ!【快適な時計選び】

時計 選び アイキャッチ 時計の選び方

腕時計は重さで装着感がちがいます!

腕時計を選ぶときにサイズを気にする人は多いのですが、重さを気にする人はあまりいません。

でも、

本当にチェックしないといけないのは大きさではなく、「重さ」なのです。

時計の大きさには慣れてしまう人がほとんどですが、一度でも時計の重さを”違和感”と感じてしまうと着けにくくなってしまうものなんです。

今回は、

腕時計の購入するときに目安となる重さのイメージをご紹介します。

快適な時計の重さは?

時計の重さチェック写真

もちろん人によって感じ方は違うと思いますが、目安として腕時計の重さと感じ方をご紹介します。

*注意:ベルト調整をするので実際の重さはカタログの数値よりやや軽くなります。

腕時計の重さと感じ方

メンズ時計(カタログ数値)
~100g  とても軽く着けやすい
100~150g  一般的な重さで着けやすい
150~180g  やや重たく感じる
180g~  人により不快と感じる

メンズの場合は一般的には150g以内が着けごこちがいいと言われています。

150~180gでは最初はやや重く感じると思いますが、ほとんどの人はすぐに慣れるでしょう。

しかし、180gを超える腕時計はずっしりと重く、人によっては不快と感じる場合もあると思います。

できれば180g以上の腕時計は試着してみましょう。

はじめて腕時計を購入するなら150g以内の時計が着けやすくおすすめです。

おすすめ記事軽くて着け心地のいい「チタン製の人気腕時計」特集!

 

レディース時計(カタログ数値)
~50g  とても軽く着けやすい
50~80g  一般的な重さで着けやすい
80g~  やや重く感じる

レディースの場合は一般的には80g以内が着け心地がいいと言われています。

80g以上は最初はやや重く感じると思います。

レディース時計は100gを超えるモデルはあまりありません。

もし100gを超える時計を選ぶ場合はベルト調整で着け心地が大きく変わるので慎重にベルトサイズを決めましょう。

80g以内の時計なら着けやすいと思います。

時計が苦手で重さが気になるひとは50g以内のモデルがおすすめです。

おすすめ記事洗練された着け心地!シチズン クロスシー「ティタニア ライン」

さいごに

腕時計カタログ 各メーカー

腕時計の試着ではベルトサイズ調整前なので、実際に着けるときの重さや装着感ではなく重量感が分かりにくいものです。

なので、

カタログなどで時計の重さもあらかじめチェックしておきましょう。

また、腕時計の着け心地は重さだけでなくベルト調整も重要です。

腕時計の着け心地に違和感がある場合は再調整をしてみましょう、ベルトサイズやバランスを変えると着け心地が改善する場合もあります。

↓関連記事はこちら

腕時計が苦手な人におすすめ!着け心地の良い腕時計特集
着け心地の良い腕時計をご紹介! 社会人には必要な腕時計ですが、 「苦手だけど仕事では必要なので…」と悩んでいる人も多いと思います。 苦手な理由は、腕まわりの違和感や汗ばむなどではありませんか? とくに夏場は時計が腕に...
腕時計はステンレスとチタンどちらがいい?違いと特徴を解説
腕時計の素材で何がちがうの!? 現在販売されている多くの腕時計の素材はステンレス製とチタン製になっています。 でも、 ステンレスとチタン素材の違いや特徴をあまり知らない人がほとんどではないでしょうか。 腕時計を選ぶポ...
タイトルとURLをコピーしました